診療内容

予防歯科

歯科の2大疾患である虫歯と歯周病。抜歯原因の80%を占めています。しかしながらこの2つの疾患は予防をすることができます。日本人は痛くなってから、腫れてから、取れてからと症状がでてから歯科医院を受診する方がほとんどです。つまり予防のための定期検診を受けている方が10%程度といわれています。

北欧(スウェーデン)では80歳で20本前後の歯を残しているにもかかわらず日本では9本前後と言われています。

予防をした場合としていない場合の残存歯数

残存歯数と認知症の関係

20本以上歯が残っていると、認知症など全身疾患のリスクが低いと言われています。

平均寿命と健康寿命

矢崎歯科医院でお口から全身の健康へつなげていきましょう

歯周病対策
歯周病は、いわゆる「歯槽膿漏」と呼ばれているもので、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症です。治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともある病気で、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1〜2mmくらいのすき間があります。歯肉の炎症を放置しておくと症状は悪化していきます。歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気付かずに歯科医院に行かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。歯周病菌は全身疾患の悪化と関係があるため、早期発見のためにも定期健診をおすすめします。

歯周病と関連する全身疾患

審美歯科
虫歯や歯周病などの治療による機能の回復、改善に加えて、歯や歯茎の色、歯並びや口元の美しさを獲得、維持することを目的として行われる歯科治療の一分野です。
治療内容は、歯牙のホワイトニング、オールセラミック、歯列矯正など多岐にわたります。この中にインプラントの埋入も含まれることがあります。
当院では、セラミックをはじめ、ジルコニア、ハイブリッドセラミックなどの治療オプションを用意しております。審美性が良いのはもちろんのこと、保険の銀歯、プラスチックと比べてプラーク(汚れ)が付きにくいため虫歯歯周病の予防にもつながります。
小児歯科
特に幼児期から少年期の子どもは、歯並びや虫歯など、適切な治療、指導を行わないと将来の生活に大きな影響を及ぼすことがあります。
また、定期検診においては、虫歯の早期発見、早期治療が目的となります。虫歯予防として、フッ素塗布、シーラント処理も行なっています。
幼児期から少年期に適切なブラッシングや歯科に関する知識を身につけておかないと、将来的に子ども自体が不利益を蒙ることになります。 将来的な悪影響を避けるためにも、早い段階で適切な予防措置を行うことが必要です。
矯正歯科
矯正、かみ合わせ、歯並びの問題を改善します。治療の流れとしては、初診相談(無料)を行い、その後必要に応じてレントゲン撮影歯の型を採取し、診断をし治療の計画を立て、治療が開始されます。歯並びが良くなると、審美性はもちろんのこと、歯磨きも簡単になるため、将来的に虫歯、歯周病のリスクも下がります。また、幼少期に歯並び顎骨の変形がある場合、早期治療で改善することが必要です。

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。治療に必要な矯正装置や治療法は、歯並びや年齢などによって異なります。1期治療は、永久歯が生えそろう6歳~10歳くらいまでに行うことが良いといわれています。お子様の歯並びで気になる点があれば、早めにご相談を。

子どもの矯正(1期治療)で使用する主な装置

マウスピース:主にうけ口(反対咬合)を治す装置

拡大床:叢生(歯がデコボコになっている歯並び)を治す装置

2×4(ツーバイフォー):奥歯2本と前歯4本に装置をつけて、前歯を並べる装置

大人の矯正(成人矯正/2期治療)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。従来よりも装置が小さくなって歯を効率的に動かしやすくなった表側矯正や、歯の裏側に装置をつける舌側矯正(裏側矯正)、取り外しのできる透明なマウスピース矯正(インビザライン)などがあります。子どもの矯正と違って、顎の骨格を矯正することはできないので、歯並びによっては、抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあります。

大人の矯正(成人矯正・2期治療の装置の違い)

表側ホワイト・メタルブラケット

拡大床:叢生(歯がデコボコになっている歯並び)を治す装置

装置装着後の正面観
上顎:裏側(リンガル)ブラケット 下顎前歯:ホワイトブラケット 奥歯:メタルブラケット

当院の矯正治療は日本矯正学会認定医・世界舌側矯正歯科学会認定医が行います

インプラント
インプラントとは、抜歯した部位に行う治療です。人工的に歯根を作り出す技術で、近年になって利用者が増え続けている画期的な治療方法です。1本のみ抜歯した場合から歯がすべてない場合まで幅広く応用できます。現在は自由診療によって治療が受けられるようになっています。

利点

  • ブリッジのように残存歯を削らない(歯の寿命を縮めない)
  • 入れ歯みたいに大きくなく違和感が少ない
  • ブリッジ、入れ歯と比べてよく噛める→残っている歯の負担を軽減でき、歯の寿命を延ばせます
  • 入れ歯にインプラントを応用した場合もよく噛めるようになり、また入れ歯も小さくできます
  • よく噛めると認知症のリスクも軽減できます

従来の入れ歯よりもインプラントを利用した入れ歯さらに固定式のインプラントが良好な食品粉砕力を発揮します。

欠点

  • 保険適応外
  • 外科処置が必要であるためブリッジ、入れ歯と比較するとリスクがある。また全身疾患の状態によっては手術が出来ない場合もあります

当院ではインプラント治療のリスク軽減のため必ず上下の歯型、診断用ワックスアップ(最終的な歯の位置、形態)CT撮影(3D)をし、コンピューターシュミレーション診断(シムプラントシステム)を行っています。

(左)上下の歯型、(右)診断用ワックスアップ

(左)上下の歯型(正面)、(右)診断用ワックスアップにてかみ合わせ、歯の大きさ形態をチェック

コンピューターシュミレーション(シムプラント)

コンピューターシュミレーション(シムプラント)
CT、診断用ワックスアップに基づいて行う

シュミレーション診断の結果よりサージカルガイド(インプラントを埋め込むための目印)を作製しオペ時に必ず使用します。

作製したサージカルガイド

サージカルガイドを口の中に装着したイメージ

サージカルガイドにはシュミレーション診断に基づいた穴が開いており、決められた角度しかドリルは進められない、決められた長さしかドリルが入らないという優れたもので安全にインプラントを埋める事ができます。
全ての症例ではありませんが、骨の幅が充分にあり神経血管束が近くにない場合はサージカルガイドを用いたフラップレスによるインプラント手術も行っています。
フラップレスとはメスで歯ぐきを切開剥離する事なく小さな穴をあけてインプラントを埋め込む治療です。大きく歯ぐきを切らないため、手術時間も短くなり、術後の痛み、腫れ、出血なども軽減されます。

①通常の総入れ歯

②インプラント(ロケーター装置)を利用した総入れ歯
製作は株式会社Vogue 瀬田寿樹氏
入れ歯の大きさも小さくでき噛む力も約2倍に

③インプラントにつながっているロケーター装置(4ヶ所)

④ ②の入れ歯の内面
ロケーター装置(赤い部分)

インプラントを応用した入れ歯、ブリッジの例 製作は株式会社Vogue 瀬田寿樹氏

インプラントを応用した入れ歯、ブリッジの例の正面観 製作は株式会社Vogue 瀬田寿樹氏
インプラントを埋める本数によって適応が異なります。
左:インプラントオーバーデンチャー(ロケーター装置などを使用した入れ歯)
中:ハイブリッジ(ロケーター装置を利用したブリッジと入れ歯の中間の物、取り外し式)
右:ボーンアンカーブリッジ(インプラントによる固定性ブリッジ)

インプラントを入れる骨が足りない場合の対処方法

上の奥歯にインプラントを入れる時、骨が足りない場合がよくありますがその対処法として下記の2つがあります。

ソケットリフト:非開窓法、歯槽頂から上顎洞底まで骨が7mm程度ある場合に使用可能

サイナスリフト:開窓法、歯槽頂から上顎洞底まで0〜6mmまでの場合

ソケットリフトイメージ図

サイナスリフトイメージ図

赤線:上顎洞底線、青線:骨量(インプラントを入れる部位)
上顎洞底線が押し上げられインプラントを入れるための骨量が確保されました

オールオン4(オールオンフォー)
オールオン4治療とはインプラント埋入手術から仮歯の固定までを一日のうちに行う治療法(即日治療)のことで、すべての歯を失った方、総入れ歯の方や、多くの歯を失くした方のために開発された治療法です。
従来であれば、総入れ歯の方や、歯をすべて抜かないといけない方にインプラントをする場合、入れ歯を使わずにしっかりとかめるようにするには、上(下)だけで8本〜12本のインプラントを入れなければいけませんでした。オールオン4は片顎に埋めるインプラントは4〜6本(総入れ歯の方)です。本数が少なければ、費用も、体にかかる負担も、少なくてすみます。

治療費 2,800,000円(税抜)

リスク:術後の感染症、骨が柔らかい場合は即日固定性の仮歯が入らないことがあります。日常の口腔ケアを怠ると炎症を起こすことがあります。

当院では口腔外科専門医と連携しているため手技が難しいといわれているサイナスリフト・オールオン4治療も行っています。 他院でインプラント治療が骨がないためできないと言われた患者様も治療できる可能性がありますので、ご相談ください。

当院のインプラントを応用した義歯、ハイブリッジ、ボーンアンカーブリッジはすべて株式会社Vogue 瀬田寿樹氏が制作しております。

瀬田寿樹氏略歴

  • 株式会社Vogue 代表取締役
  • 一ノ塾 一匠 師範
  • IPD JAPAN 会長
  • KDCS 会長
  • スイスCM社 公認インストラクター・認定ラボ
  • ドイツWIELAND社 認定ラボ
  • ITI West Tokyo Co
  • AOS member
  • 関東歯科臨床研究会 ファウンダー
  • その他、歯科技工士に対するセミナーにて講師としての講演歴が多数あり

診療料金

自費治療のつめ物

ハイブリッドのつめ物
プラスチッックにセラミックを追加することで強度が増加しています。見た目もプラスチックよりは良いです。金属アレルギーの可能性なし。
30,000円
貴金属(ゴールド)のつめ物
腐食に強いため耐久性が高いです。金属が柔らかく、歯に馴染むため隙間ができにくくむし歯のリスクが低いです。金属アレルギーの可能性少。
小臼歯
40,000円

大臼歯
45,000円
オールセラミックのつめ物
自然な色合いを再現いたします。汚れもつきにくいためむし歯のリスクも低いです。金属アレルギーの可能性なし。
45,000円

自費治療のかぶせ物

レジンコア(かぶせ物の土台)
歯の土台になる部分で歯根の破折が起きにくく、光の透過性も歯に近くかぶせ物の治療に最適です。金属アレルギーの可能性なし。
5,000円
ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、その上に薄いセラミックを貼り付けて、見た目を改善する治療方法です。色や歯並びを変えることも可能です。金属アレルギーの可能性なし。
60,000円
ジルコニアのかぶせ物
人口ダイヤ・ジルコニアは汚れが付きにくく強度があります。ただしブロック削り出しのため、透明感がありません。金属アレルギーの可能性なし。
50,000円
貴金属(ゴールド)のかぶせ物
腐食に強いため、耐久性が高いです。体に優しい金属でアレルギーの心配が少ないです。金属アレルギーの可能性少。
小臼歯
65,000円

大臼歯
70,000円
金属にセラミックを焼き付けたかぶせ物
強度に優れ、保険のプラスチックとは違いすり減ったり、変色はしません。ただし歯茎がやせてくると黒いラインが見えてくることがあります。金属アレルギーの可能性あり。
70,000円
ファインジルコニアのかぶせ物
従来のジルコニアよりも見た目が良いため、前歯にも対応可能です。汚れも付きにくいためむし歯のリスクも低いです。金属アレルギーの可能性なし。
70,000円
ジルコニアセラミックのかぶせ物
ジルコニアフレームの上にセラミックパウダーを重ねたもの。見た目、強度ともに天然歯に一番近い人工歯です。金属アレルギーの可能性なし。
85,000円

※すべての自費治療には消費税がかかります。
※自費治療の保証期間はセット後5年間となります。ただし半年に一度の定期検診を受診することが必要となります。

インプラント治療費

 インプラント埋入手術 1本 200,000円
 インプラント埋入手術2本目以降 1本 160,000円
 インプラント上部構造(カスタムアバットメント含む) 1本 140,000円(※1)

(※1)前歯部は+30,000円

※その他、検査診断料、サージカルガイド作製料がかかります
※上記の金額に別途消費税がかかります。